症例紹介

直腸を閉塞する全周性の癌(74歳男性 U様)

local_offer内視鏡診断症例

74歳の男性です。


3週間前より排便が細くなり、便秘気味になっていました。

腹部膨満、下腹部痛、血便もみられたため来院されています。

病歴から大腸癌、特にS状結腸、直腸などの左側結腸癌による閉塞性大腸炎を強く疑いました。緊急で大腸内視鏡検査を行いました。

S状結腸から直腸にかけて全周性の腫瘍があり、それより口側の観察ができないほど狭窄していました。


閉塞性大腸炎による敗血症を起こしそうでしたので、緊急入院してもらい、後日手術を行いました。
これほどの進行癌になるまで自覚症状がなかったので、緊急入院、緊急手術をしなくてもよいように、50歳以上の方は少なくとも便潜血検査を大腸癌スクリーニング検査として毎年受けたほうがよいですね。

住所 〒370-3521 高崎市棟高町1675-550
電話 027-372-8060
診療科目 内科(消化器内科・呼吸器内科)・総合診療科・
皮膚科・外科
診療時間
8:30~12:30
15:00~18:30

14:00~17:00
休診日:木曜・日曜・祝日

あすなろクリニック公式アカウント Instagram

あすなろクリニック公式アカウント LINE

TOPへ