症例紹介

脇の下にできた毛巣洞の治療症例(54歳男性 H様)

local_offer粉瘤治療症例

54歳の男性です。

3年前より右の腋の下にしこりができ、徐々に増大していました。親指大の皮下腫瘍があります。超音波検査で抵エコー病変(黒いところ)がありますが、後方エコーは増強せず、抵エコーの中に高エコー(←)を認めます。

 

粉瘤より毛巣洞の可能性が高いため、くり抜き法は適応とせず、紡錘形切除をしました。

 

術前診断通り、腫瘍の中に毛の塊が核になっていました。(摘出標本→)

完全切除して、治癒しています。

 

初診

超音波検査

術前

術中1

術中2

摘出後

術直後

摘出標本

術後27日

 

住所 〒370-3521 高崎市棟高町1675-550
電話 027-372-8060
診療科目 内科(消化器内科・呼吸器内科)・総合診療科・
皮膚科・外科
診療時間
8:30~12:30
15:00~18:30

14:00~17:00
休診日:木曜・日曜・祝日

あすなろクリニック公式アカウント Instagram

あすなろクリニック公式アカウント LINE

TOPへ