症例紹介

右顎の粉瘤症例(53歳男性 H様)

local_offer粉瘤治療症例

53歳の男性です。

この方は3年前から右顎にしこりを自覚していました。

最近、しこりが大きくなり、嫌なにおいが鼻につくということで来院されています。

 

右顎に大きさ2センチの皮下腫瘍があり(術前の写真マーク前、マーク後)、超音波検査では内部が低エコーで後方エコーが増強、腫瘍に血管の進入はありません(超音波検査)。

 

術前診断は粉瘤であり、デルマパンチによるくり抜き法を行うと、粉瘤が被膜ごと出てきました(術中の写真)。

 

術後診断も粉瘤で、腫瘍の遺残がないことを確認して、傷は湿潤療法で治療しました。

 

術後1週目、2週目の状態ではきれいに治っています。

 

術後1年目にはまったく傷がわからなくなりました。

 

右顎手術マーク前 右顎手術マーク後 超音波検査 粉瘤手術中
手術直後 粉瘤術後1週間 粉瘤術後2週間 一年後

住所 〒370-3521 高崎市棟高町1675-550
電話 027-372-8060
診療科目 内科(消化器内科・呼吸器内科)・総合診療科・
皮膚科・外科
診療時間
8:30~12:30
15:00~18:30

14:00~17:00
休診日:木曜・日曜・祝日

あすなろクリニック公式アカウント Instagram

あすなろクリニック公式アカウント LINE

TOPへ